5
デカール貼ろう

カーボンデカール編

●さらりと簡単に書いていますが全部貼るのに相当時間かかってます。

●支柱の部分等も細かくパッチワークしています。
  このへんは「やる、やらない」は好みの問題ですね。

  私は徹底的にやるタイプ。

【フロント編】

●一体モノで貼れればいいんですが案外面倒な形状です。
  迷わず3分割へ。
  面が3つあるから3分割です。

  番号の順に貼って行きました。

●155は「ハクリデカール編」のネタなんですがその前に「カーボンデカール編」を紹介します。
  ハクリデカールよりもカーボンデカールの方が使う頻度が多いので、
  こちらの方がご紹介するには有効かもしれませんね。

●カーボンデカールを貼る部分はボンネットの様に平面なら以外に簡単ですが、
  3D形状の部分は面積が小さくても結構難しいです。

  ポイントは「うまく分割すること」だと考えています。 カーボンデカールは分割してもあまり目立たないので効果的です。
  ここでは主に私の分割方法をご紹介いたします。
  必ずしもこの方法がベストというわけではありませんので「ご参考」程度に見てください。

●カーボンデカール貼った後の全体像はこんな感じです。
  黒やガンメタルでもいいんでしょうが自己満足
  ということで・・・。

  次回は「ハクリデカール編」です。
    (2008/06/15)

【ウイング編】

●ウイングは分割していません。
  先ず、裏を貼って、その次表を貼ります。

  見えない部分は適当でシワがよってます。

【リアスカート編】

●一体モノで一旦チャレンジしたのですが、直ぐ止め。
  どうしてもシワがよるのでカットしました。

  ポイントは@とAのカットラインの形状に合わせて
  デカールもカットしてから貼ることです。

【サイドスカート編】

●ここのポイントは@とAの分割です。
  後はどの方が分割しても同じなんじゃないでしょうか。

  @とAの接合部分にはダクトがありますので、
  いずれにせよカットする必要があります。
  それなら最初からカットしておこう、という考えです。

●ダクトの周りの部分はなかなか形状に馴染みませんし、
  気泡が入る部分なので、最後にデザインナイフで
  全周に切込みを入れて密着させています。

●先ずはカーボンデカールを貼る部分を黒で塗装します。
  そのまま貼ってもいいんですが下の色が透けないし、
  失敗しても目立ちませんから、私は黒を塗装してから貼っています。